寝起きの口臭対策。朝の不快感を消す方法は?

今回は、
寝起きの口臭対策について
考察したいと思います。

朝起きた時に感じる
口の中のモワッとした臭い、
ネバネバした感触。

想像しただけでも気分が悪いですね。

一人の寝起きならまだいいですが、
彼女とお泊まりの翌日に
寝起きの口臭だったら・・・。

ましてキスでもしようもんなら
彼女にドン引きされてしまうかも
しれませんよ。

さすがにそれだけは防ぎたい!

でも安心して下さい。

結論を先にお伝えすると、
みんな誰しも寝起きの口臭は
発生してしまうものです。

そう、
ドン引きしている彼女であっても。

この記事では、
寝起きの口臭が起こる原因から
寝起き口臭をサッパリ消す
対策方法まで
分かりやすくご紹介したいと思います。

寝起き口臭はみんな発生する?

冒頭でもお伝えした通り、
寝起きの口臭は
誰でも発生してしまいます。

ではなぜ発生するのでしょうか?

その原因は、口の中の乾き。

当たり前ですが、
睡眠中の数時間は
水も飲まなければ
食事もしないですよね。

そうすると口の中は
唾液の分泌が減り、
乾燥しやすくなります。

すると口の中に潜んでいる細菌が
活発に活動を開始します。

この細菌が口の中に残された
タンパク質を分解することで、
揮発性硫黄化合物というガスを
発生します。

揮発性硫黄化合物こそが
嫌な臭いの原因成分なんです。

つまり、
①睡眠中唾液分泌減少

②口腔内の細菌が活動開始

③細菌がタンパク質を分解

④揮発性硫黄化合物が発生

⑤口臭発生

このような流れで
口臭が発生するわけですね。

基本的に睡眠中は
水も食事も口にしません。

なのでみんな寝起きの口臭は
発生すると言うわけです。

寝起きの口臭対策はどうする?

誰しも起こりうる寝起きの口臭。
対策はないのでしょうか?

早速、寝起き口臭の対策方法を
調べてみると、
5つの対策があることが分かりました。

①睡眠前の歯磨き
②睡眠前に水を飲む
③リラックスしてから眠る
④朝食を食べる
⑤歯磨きをする

順に説明していきます。

①睡眠前の歯磨き
寝る前の歯磨きは、
口の中に残る食べカスや
細菌を取り除くため、
翌朝の口臭対策として有効です。

特に歯間に挟まったものは
取り除かないと数日間、
口の中に止まり続けることになります。

これは口臭だけでなく
虫歯や歯周病の原因にもなります。

なので歯ブラシだけでなく、
歯間ブラシやデンタルフロスで
歯間も掃除するようにしましょう。

舌の軽いブラッシングも効果的です。
ただやり過ぎも舌を傷付けるので
毎日やる必要はないです。

②睡眠前に水を飲む
睡眠中の口の中の渇きを抑えるため、
睡眠前に水を飲むことが有効です。

口の渇きは細菌の活動を活発にします。

口腔内に潤いがある状態であれば
唾液が行き渡り、
細菌の活動は抑えられます。

なのでコップ一杯の水を飲んでから
眠りにつくことをオススメします。

もちろん夏場の睡眠中の
脱水症状予防にも効果的。

③リラックスしてから眠る
緊張は唾液の分泌を抑えます。

唾液が分泌されなければ
殺菌作用が減ってしまいます。

・寝る前にお風呂に入る
・本を読む
・軽いストレッチ

などを行うと緊張がほぐれて
リラックスして睡眠に入ることが
出来ますよ。

また睡眠の質も上がります。

④朝食を食べる
物を噛む動作は
唾液の分泌を促します。

また食事と同時に
水分も摂取しますよね。

これにより口腔内の細菌活動は
抑えられます。

更に腸内環境を整えるような
料理を食べると、
体内から口臭予防も行えます。

食事と口臭に関しては
こちらの記事に詳しく書いたので、
参考にしてみて下さい。

口臭は食べ物で悪化する?食生活で改善するポイント
朝・昼・晩の食後になると食べ物の口臭がモワッとしてきて落ち込んでしまう。そんなことが毎度あると辛いですよね。この記事では食べ物で口臭が起こる理由や発生する食べ物、逆に収まる食べ物や飲み物、改善するための食生活について考察します。

⑤歯磨きをする
朝の歯磨きも口臭予防には効果的です。

朝食を食べないとしても
朝は歯磨きをした方が良いです。

なぜなら夜に発生した口腔内の細菌を
歯磨きによってある程度
洗い流すことが出来るからです。

寝起き口臭にマウスウォッシュは有効?

朝の歯磨きが寝起き口臭に
効果的なのは分かりましたか?

では、リステリンなどの
マウスウォッシュは
口臭に効果的なのでしょうか?

これは、非常に効果的です。

歯磨きや舌磨きなどは歯、
舌を部分的に磨く行為です。

そのため口腔内に潜む細菌を
完全に落としきることは出来ません。

マウスウォッシュであれば
クチュクチュと
口の中全体をすすぐので
隅々まで洗口液が行き渡って、
細菌を洗い流せます。

ちなみに
マウスウォッシュの使い方は、
歯磨きの後に行うのが基本。

そしてマウスウォッシュ後は
水で洗い流さないのが良いです。

殺菌成分などが口に残るので、
菌の繁殖を抑える効果があります。

虫歯や歯周病予防の観点からも、
歯磨き後のマウスウォッシュは
オススメですよ。

また口腔内の掃除だけでなく、
口臭には内臓系から来る口臭
というものもあります。

一番分かりやすいのが、
ニンニクなど匂いの強い料理を
食べた翌日。

ニンニク臭い息が
出ることがありますよね?

これは腸で吸収した臭い成分が
血管を通り、
肺を通る過程で呼気として
臭いが出てしまうために起こる
口臭です。

食べ物が消化、吸収するまでに
時間が掛かることから、
数時間後〜翌日に口臭となって
表れるんです。

食後すぐであれば
ガムやブレスケアのようなもので
一瞬は抑えられますが、
翌日の口臭は身体の内側から
発生するものなので、
あまり効果的ではありません。

このような時は整腸作用のある
エチケットサプリを服用すると、
消臭成分や整腸成分の作用により
臭いが緩和されます。

私も実際に服用しましたが、
口臭はもとより
体臭や便臭に対しても
感じることが出来ました。

商品によってはキャンペーンで
お得にゲット出来たりするので、
朝の口臭に悩まれているのなら
トライしてみては?

寝起きの口臭対策まとめ

今回は寝起きで起こる口臭の
発生原因や対策方法を
それぞれご紹介しました。

寝起き口臭は健康な人であっても
起こることが分かりましたね。

また対策を行えば
しっかり抑えられることも
理解出来ましたか?

ぜひ今回の記事を参考に、
爽やかな朝を迎えられるようにして
下さいね。

コメント